欧さん在上海

知り合いの方に近況をお知らせします。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

最近つながるようになりました。 

こちらからつながらない状態が数年続いたのですが、気づいたらつながるようになっていました。

でも、もうとっくに別のブログに移行してしまったので、
お気づきになられた方はあっちに来てください。

http://blog.goo.ne.jp/kondohabeijing/
スポンサーサイト

△page top

“虹”がいっぱい 

諸般手続きのため、札幌往復しています。

そんな中、
雪の降った翌朝の列車から、
雪の日高山脈ヌケの半円の虹が。
ケータイなのでちょっとはっきりしませんが、
肉眼ではもっとくっきり見えました。
出発に向けて
なんか、縁起いい感じでしたよ。

1005a1.jpg

雪の写真を見せると驚かれるかもしれませんが、
この時期ですから、さすがに降ってもすぐに融けます。

1005a3.jpg


里はこんな具合で、
すっかり春らしくなってきました。

1005a2.jpg


手前にふきのとうが見えますか?
こちらの写真の小川、
釣りに行った先で撮影しました。

またまた友だちに誘われて行った釣りですが、
ニジマスと小さなカジカが釣れました。


そして、友だちには
「わかさぎからニジマスまで滞在するとは…」
と、しみじみあきれられたというお話でした。

△page top

実践中国食文化 

北海道に戻ってから知りましたが、
ここ、1カ月新しい記事がないと、広告が出てしまうんですね。

ということが、2度、3度と続いて、
滞在も3カ月ですよ。

でも、いよいよ次の動きが決まりました。
連休明けには動き出します。



3カ月は長かった。。。
以下のような仕事もさせていただいていましたが、
http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89/dp/4812441595
『台湾ドラマパーフェクトガイド』
(こちら、読み応え、見応えがあるだけでなく、
台湾ドラマ関係として非常に資料性の高い力作です、
5月11日発売だそうで、ぜひぜひお買いもとめを)

それ以外はあんまりヒマなんで、「中国食文化」の時間に教わった
料理を実践してみるなどやっていました。

下の写真は肉包。ブタまんですね。
(にくづつみじゃないですよ。
最近マンガで“肉包炒飯”というのを見て、
肉まんと炒飯が並んでいるのかと思った)

1004a1.jpg

不細工ですけど、味は大丈夫なんですよ閔老師、ほんとに(汗)。

餃子、家常豆腐、生煎、東坡肉、葱油餅などはみんな大成功でしたが、
成功したのに限って写真撮影してなかったんですよ(へへへ)。


あと、
家にいる間、毎日プータローの相手をしてくれていた
うちの“老二”です。

1004a2.jpg

中国映画ファンの方だけ笑ってください。
ほんとの老二は僕なんですけどね。


ちなみに、
連休に入りましたが、
今、外は雪です。うちの庭もこんな具合です……。
1004a3.jpg



というわけで、
詳しくは改めてご報告させていただきますが、
また中国に行きます。
今度は仕事です。


△page top

うーむ…。 

1003a.jpg


さらにさらにご無沙汰していてすみません。

相変わらず、宅男、啃老族、無業遊民、寄生虫をやっています。

豪雪の中に帰ってきたのですが、すでに日陰以外の雪も消え、
プロ野球も始まってしまい、3月も終わろうとしています。。。。

何かと忙しい上海の街で生活してきたので、
当初はここのリズムにとまどいましたが、
すでにすっかり慣れて、のんびり過ごしています。

幸い、自宅でできる仕事をいただいたので、
なんとか、退屈死するということもなく、やれていますが。


それにしても、こちらに戻ってくると、
やはり中国・上海は遠いんだなと感じることが多くあります。
たとえば、
このあたりでは、
大きなスーパーでも、紹興酒が置かれていません。
上海で飲んでいた2.5リットルのペットボトルが懐かしいです。
中国料理に使う基本的な調味料なども売られていませんので、
地道な中国菜は望むべくもありません。
せめて、じゅーしーな鴨子食べたいです…。
上海はもちろん、大久保に住んでいるときにも、
もちろんこうしたことは感じませんでしたから、
ある意味、ちょっと新鮮な感覚ですが…。


で、
写真はなんの関係があるんだ、ということですが、
たいくつしのぎに出かけた美術館そばで
なんか、古い馬鈴薯や玉葱の貯蔵倉庫を見つけましたので、
ちょっと撮影してみました。
なんか、僕も出荷待ちです。。。。

△page top

まだ報告できることがありません。 

すみません、すっかりごぶさたしていますが、実はまだ報告できることが何もありません。

すんごいドタバタしていたり、とっちらかっているのですが、それでもまだ何も報告することができないのです。本当にみなさんすみません。

でも、とりあえず健康です。それだけは確かです。

1002a1.jpg

というわけで、うちにこもっていても煮詰まるのでと、ともだちが誘ってくれて、網走湖までわかさぎを釣りに行きました。

この時期の、この地方としてはそれほど寒くもなく、ちょっと天気は怪しかったのですが、3人で朝早くから網走に向かいました。

1002a2.jpg

はい、湖の上です。暖冬でもさすがに網走、分厚い氷が張っていて、湖の上にたくさんのテントが張られていました。

1002a3.jpg

友人のSくんが道具を全部用意してくれて、氷に穴も開けてくれました。

1002a4.jpg

初めての経験で、やり方がよくわからなかったのですが、見よう見まねで釣り始めました。いくら地元の人が“今日は暖かい方だ”とか言っても、さすがに手が冷たくなったりしました。

1002a5.jpg

しかし、すぐに何匹か釣れて、おもしろくなりました。

数時間いて、僕は20匹弱と3人の中で最低の釣果でしたが、それでも楽しかったです。となりのテントの人たちは、朝早くから来ていたようで、700匹釣ったとのこと。

その人たちにコツを教えてもらってからは僕も少し釣れるようになりました。

気の置けない友だちとゲラゲラ笑いながら、鼻水たらしながら、釣りを楽しんで、久しぶりにすっかりリラックスできました。

というわけで、脳天気なやつだと思われるかと思いますが、とにかく生きています。近いうちに何か報告できるのではないかと思いますので、いましばらくお待ちください。

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。