欧さん在上海

知り合いの方に近況をお知らせします。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

学校案内 その1 

それでは、大陸予備校生さんのリクエストにお応えして、学校を少し案内しましょう。

学校は上海市の南のほうにあり、新しいおしゃれな街として知られる徐家匯(じょかかい/シュージャーフイ)近くにあります。

徐家匯は、明代の政治家で科学者でマテオ・リッチのお友達で、世界史では『農政全書』とか『崇禎暦書』でおぼえている人もいるかもしれない、徐光啓さんちの倉庫という意味だそうです。

学校は中国人の作った大学としてもっとも古い歴史を持つ学校で、技術系で有名です。江沢民の出身校ですね。学生数は2万人以上で、留学生も2000人くらいいるそうですが、のちにできた閔行キャンパスなどと分かれていますので、こちら徐匯キャンパス はそんなにごちゃごちゃしていません。

というわけで、まずは、歴史を感じさせる建物を少しご紹介しましょう。

僕らの入学式が行われた講堂はかなり時代がついています。建物のプレートを見ると「中華民国三十六年」の文字が見えました。「中華民国」の名前、そのまま残していていいんですね、別に。

0903f.jpg


講堂の向かいにあるトラックです。夕方になると、明らかに近所の住民と思えるおじさん、おばさんがウォーキングしています。朝いちばんには、太極拳をしているグループもあります。いずれもほのぼのした風景です。

0903e.jpg


そして、これが僕の宿舎です。けっこう新しく見えますが、ある先生によると昔、職員の独身寮として使われていた建物を改修しただけだそうです。先生によると、僕の部屋には、当時は5人が暮らしていたんだそうです。そ、それは狭い…。

0903d.jpg

0902e.jpg


今度紹介するときは、いろいろ便利な施設を特集したいと思います。
スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。