欧さん在上海

知り合いの方に近況をお知らせします。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

校内スイカ 

0904e.jpg

校内の“消費”には中国銀行発行の大学オリジナル・プリペイド・ICカードが使えます。というか、メインの学食などはこれしか使えません。割引などはありませんが、小銭を探さなくていいので慣れると便利です。中国はとても細かい単位がありますので。

0904c.jpg

これが食堂の様子です。メインの食堂のほかにも、蘭州ラーメン専門店や台湾魯肉飯専門店、大学院の食堂に宴会用のレストラン、さらには喫茶店まであるんですよ。メインの学食は味のほうはあまり期待できないものの値段は安いです。

0904d.jpg

この日は肉団子、冬瓜とえだまめの煮物をチョイスしてみました。いろんなおかずを選んで盛ってもらいますが、それによって値段が変わります。この日は100円弱でした。箸が大きいので全体が小さく見えますが、けっこうボリュームあります。

0904b.jpg

校内にはコンビニがあります。文房具からDVD、石けんからビールまで、当座の生活に必要なものはなんでも手に入ります。外のスーパーよりは若干お高いですが、とても便利です。ここでもカードが使えるのです。とても便利。

校内にはほかにもコンビニがあり、コピー専門店やらガロンサイズの水の配達ステーションといったサービスもあります。さらにさらに、床屋もあるんですよ。先月から僕の頭は10元カットです。

0904f.jpg
スポンサーサイト

△page top

« 清明節
初めての「首映会」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

回転看板?

床屋さんのぐるぐるは万国共通なのでしょうか。
異国で日本と似たような看板を目にすると何故か安心感が湧き出てきますね。

URL | JT #E.HLX0KQ

2009/04/04 18:32 * 編集 *

JTさん、

そういえば同じですね。警察が110番だったり救急車が119番だったりも同じです。あと、看板が漢字で、中国語がわからなくても何の店がすぐわかるところも多いですね。ただ、車は右側通行ですが。

あと、間違えました、ガロン瓶じゃなくて20リッターですね、たぶん。うちの部屋にもセットしてお湯・水が出る例の装置がありますが、使っていません。なんか、使う気になれなくて…、理由は言いませんが。

URL | 欧 #-

2009/04/04 19:47 * 編集 *

タイトルみて学内で果物のスイカを作っているのかと思いました。(汗)

そうそう、台湾大学にはファミマ(セブンかもしれない)がありましたし、
たぶん日本でもコンビニ導入されているところあるかもしれない。
(まだ遭遇したことはありませんが)
日本でも電子カードでショップ利用する学校ありますよ。
ただ私が今まで行ったなかで導入してたのは予備校なんだけど・・・

で、カードですが文章を読んでいて、ユニオンペイ中國銀聯はどうなんだろうとふっと思いました。日本国内で使えるところかなり増えてますし。
でユニオンペイ、ずっとクレジットカードだと思っていたけどキャッシュカードなんですね。日本でいうところのデビットカード。

さすがに大学生では持つことは難しいですかね。だから電子マネーかしら。

URL | @youco #-

2009/04/04 21:54 * 編集 *

@youcoさん、

コンビニの横に写っているのは、シャッターが閉まっていますが「水果亭」です。スイカ、パイナップルなど、なんでも売っています。ここでは学内スイカは使えないかもしれません。

カードですが、

たぶん、学校のOBとか●●●(3字自粛)の幹部が運営する会社がやっている利権だと思います。学内にある会社にカード作りに行ったときの態度で感じました。最初午後4時50分に行ったら「今日はもう終わったから、明日来い」と言われましたのでピンと来ました。

URL | 欧 #-

2009/04/05 09:24 * 編集 *

校内スイカがあるんですね
学食は、とってもキレイそうですが

室内の水&お湯、飲まないんですか? どして?
水は、ペットボトルで補給?

学習院女子に行ったとき、学食が、オリジナルの学食カードしか
使えなくて、1000円分買って、二人分使ったのかな?

使い切れなかった分は、生徒の保護者さんが買い取ってくれました
ありがたや~

URL | あひるたいちお #-

2009/04/05 14:41 * 編集 *

たいちおさん、

その学校懐かしいです。取材時はうちから歩いて行けたんですよね。学食は利用したことないですが。

大学の学食はまあまあ衛生的に見えます。長江の水を使って調理しているわけですから、完全にとは言えませんが、あんまり気にしません。

最初学食に行ったとき、カードしか使えないのを知らずに注文して係員に指摘され、「どうすればいい?」というと、「学生にカード借りて」と言うので、そこらへんの学生に「すまないけどカード貸して」と頼み、現金を彼に払いました。もちろん、ちょっと多めに払いましたけど。

僕の宿舎は実は室内に水回りがありません(宿舎のタイプによって変わります)。シャワーやトイレは共同なんですね。このため、僕は室内の飲料水はペットボトルです。冷蔵庫と電子レンジがあるので、なんか買っておいて、暖めて食べたりしています。ま、ちゃんとした食事は食堂とか外部で食べてしまうので、部屋で食べるのは酒のつまみですけどね。

というわけで、部屋で飲む紹興酒は、2.5リットルのペットボトル単位で買っています。300円くらいですけど。

URL | 欧 #-

2009/04/05 19:36 * 編集 *

「まんとう」がないですね。
満州時代によく食べてもんです。

URL | ゆきゆきて上海。 #-

2009/04/06 00:03 * 編集 *

ゆきゆきて上海。さん、

ごはんもありますが、マントウ、花巻、春餅から上海名物・生煎まで、粉ものも充実しています。やきそばやはるさめもあるんですよ。

メインの学食は、朝、昼、夜と、1日3回営業します。朝はマントウや油条のほかおかゆや豆乳なんかが食べられるんですよ。早起きの僕にはうれしい施設です。テイクアウトもできるんですよ。

そうそう、
これら単純そうに見える粉ものでも、お店によって味が違うんです。僕は学食の粉ものはあまり食べず、学校の西門を出たすぐのところのお店のを買っています。ここのはおいしいので。

よし、次回は「生煎」を中心に、粉ものについてレポートしますね。

URL | 欧 #-

2009/04/06 06:51 * 編集 *

このトレー
うちと同じ銀トレーです。
結構、もれるのよねー

食べすぎにご用心ですよ、欧さん!

URL | otemo #-

2009/04/08 16:16 * 編集 *

otemoさん、

あらそうですか、「同じ長江の水を飲」んではいないですが、「同じトレーのご飯を食」べているわけですね、僕ら。

うちの学食、近所でも評判なほど(無根拠)脂っこいおかずが多くて、なるべく野菜系を頼むようにしています。

でも、列に並んで前の学生がどんなふうに注文するか、聞き耳たててるんですよ。「ほうほう、インゲンは“豆角児”と言うのか」なんて具合です。これこそ、留学ならではですから。ははあ。

ちなみに太ってないです、だいじょうぶです、全然問題ないです、むしろ離日前2週間送別会マラソンで蓄積した贅肉を落としつつあります。もし、お酒が日本並みの値段だったら、今頃体重は800キロくらい減っていますよ(中国式誇張)。

URL | 欧 #-

2009/04/08 23:14 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://ohshanghai.blog114.fc2.com/tb.php/25-582ce8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。