欧さん在上海

知り合いの方に近況をお知らせします。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

五百歳五百歳五百五百歳! 

旧フランス租界の住宅街で見かけた対聯(と言っていいのかな?)です。

0909c1.jpg

人生八十、まさに始まったばかり。
調和の取れた心態で、百歳まで生きるぞ。

ここでもまた正字が使われていますので、本当に80歳過ぎのお年寄り、いや人生が始まったばかりの方が住んでおられるのでしょう。

0909c3.jpg

すると、こんな立派なプラタナスが門の脇にあるお宅がありました。

0909c2.jpg

木の根元のプレートには、「懸鈴」って書いてありますが、「青桐」と同じ木に見えます。呼び方が複数あるということなのでしょうか。そして、樹齢は100年だそうです。さすが立派です。しかし、それだとこのあたりがフランス租界になる以前からご存命ということですから、すでにフランス租界になっていた場所から移植されたのでしょうかね。

ところが、北京では…。

0909c4.jpg

天壇公園には立派な木がたくさんありました。そんな中、僕が見たこの「九龍柏」さん。樹齢500年以上だそうです。儀式のために天壇にやってくる歴代の皇帝の目撃者、清の乾帝どころか、明の崇禎帝さえも見てきたんでしょうね。

おがんでおきました。
五百歳五百歳五百五百歳!って。

上海から北京に行くと、大きさだけでなく、歴史のすごさを感じます。
(街の雰囲気は圧倒的に上海の方が好きなんですが、
いかんせん上海にはこうした歴史がありませんからね)
スポンサーサイト

△page top

« また「海宝」くん
60周年直前の北京へ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://ohshanghai.blog114.fc2.com/tb.php/95-add12c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。